ビジネスメールの返信の最適タイミングは?

ビジネスメールの返信は、どのタイミングで行っていますか?
今回はその最適タイミングを考えていく。

ビジネスメールは即返が一番

最初に結論を書けば、ビジネスメールの返信はすぐにするのが一番です。
個人的な気分やプライド以外で、これ以外の理由があれば教えて欲しいくらいだ。

ここからはすぐに返信するメリットを考えていく。

問い合わせのメールとすれば、相手として遅いことに何のメリットも無い。
すぐに返信が来れば、対応が早いと喜ぶことだろう。
もし「暇なのか?」と考えるような人物なら、こちらから距離を置くことをすすめたい。

人によってはメールが届いているかを確認するために、電話をしてくる人がいる。
電話で話すのも時間の無駄だが、もし席を外していればこちらから掛け直しが必要になる。
そしてさらに相手が席を外していれば、何度も無駄なやり取りが生まれる可能性もある。
こんなに無駄なことは無い。
問題が難しくてすぐに答えることが出来なくても、「届きましたメール」を送るのは有効。

時間を置いて返信するためには、2回メールを読まなくてはならない。
また「返信しなくては」と覚えておく必要もあり、件数が多くなると負担になる。

個人的にすぐ返信をする最大のメリットは、間違いが許されることだ。
見落としや勘違いがあっても、「時間が少なかった」ということで全て許されることが多い。
その点を相手が指摘することで、さらに精度の高いやりとりが短時間で行える。
これが何日も経過した後だったとすれば最悪だ。
もし自分がメールを送る側だと考えれば、一目瞭然だろう。

メールは自分がボールを持っている状態だと、いつまでも負担が続く。
常に相手がボールを持っているように対応したいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。