スマホの文字入力に両手打ちに特化した方法はないだろうか?

スマホの文字入力にはいろいろな方法があるが、全て片手打ちを前提にしている。
高速入力するためには、両手打ちに特化した方法があるのが好ましい。
今回はこの件について考えていく。

なぜ両手打ちに特化した方法が無いのか?

現在のスマホの文字入力は大きく分けて三種類ある。
一つは「フリック入力」であり、現在の主流と考える。
次に「キーボード入力」であり、PCなどを使っている人なら馴染み深い。
最後は「トグル方式」であり、昔のガラケーと同じになる。

個人的にはキーボード入力を使っているが、横幅が狭いため誤入力が多くなる。
まして両手打ちは親指を使うため、さらにミスは多くなる。
フリック入力は簡単だが、表示を見るまでどこに何があるか覚えることが出来ない。
トグル方式については押す回数が多くなるため、採用したことは無い。

また全ての入力方法で、どうしても気に入らないことがある。
それは「日本語」「アルファベット」「数字」モードを、ボタンで切り替えること。
慣れると普通に感じるかもしれないが、キーボードを使い慣れてるとどうしても面倒くさい。

ここまで来ると、むしろ不思議に感じることが一つある。
なぜかスマホの文字入力では、ボタンを2個同時に押す機能が無いことだ。
パソコンのシフトキーに相当するボタンと考えれば分かりやすい。

書くまでも無いが、シフトキーは押している間だけボタン設定が切り替わる。
スマホでも同様に、ボタンを押している時は「アルファベット」や「数字」に出来ないのか?
左手で入力モードを固定し、右手で入力することは可能である。
離すと元に戻るので、ワンアクションで済む利点は大きい。

また日本語もシフトキーを使って、切り替える方法が可能になる。
左シフトの時は「あ行~な行」を表示、右シフトの時は「は行~ん、その他記号」を表示。
左右の切り替え頻度の多い文字の場合は面倒だが、全文字見えている意味は大きい。
キーボード入力でミスするのは、横幅が狭いため。
現状の7文字を5文字に押さえれば、親指でもミスは減るはず。

今回の入力方式は即興で考えたため改善点は多いかもしれない。
しかしシフトキー的な「2ボタン入力」をすれば、かなり便利になる可能性が高い。
苦手な人でも簡単になり、早い人はより早くなる。
私に作成する能力は無いため、誰かが開発してくれることに期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。