PS4のゲームディスク入れ替えが面倒くさい

PS4でゲームを変えるごとにディスクを入れ替えるのが面倒くさい。
なぜ入れ替えが必要なのか疑問も感じている。
今回はこの件について考えていく。

ディスク入れ替えは無くした方がいい

結論を先に書けば、ディスクの入れ替えは無くした方がいい。
ディスクを入れ替えさせることで喜ぶ人は誰もいない。

まず技術的な問題では無い。
実際にダウンロード版があり、ディスク自体は必須では無い。
そのため入れ替えは、ソニーの思想と言って間違いない。

不正防止を考えているのだろうか?
すぐ売却されるのを心配してるのだろうか?
他にも理由はあるかもしれないが、完全に思想が間違っている。

考えて欲しいのだが、PCの使用ソフトを変えるごとにディスクを入れ替えますか?
もしそんなことが必要だったら、PCの普及はもっと遅れていただろう。
ゲーム機の世界にはディスクの呪縛があるのかもしれない。

このことに気づいている開発者は多いと考える。提案しているかもしれない。
しかし決断できないのではないだろうか?
もしそうだとしたら、責任者もしくはトップの判断ミスと言っても過言では無い。

ディスクを入れ替えさすなんて、過去の思想である。
ROMカセット時代から進化していないとも言える。
PS4は仕方ないため、PS5では改善されることを期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。