あなたにとって良かった時代とはいつですか?

「あなたにとって良かった時代とはいつですか?」
今回はこの件について考えていきます。

過去の良き時代の本質とは?

「最近はどんどん悪くなっていく」と言う人がいます。
しかし個人的には疑問を持っている。

最初にも問いかけてますが、改めて考えて下さい。
「あなたにとって良かった時代とはいつですか?」

高度成長期ですか?
バブルの時代ですか?
その他の時代でしょうか?

別の問いかけをします。
「行けるとしたらいつの時代に行きたいですか?」

ここで気をつけて欲しいのは、「行く」のであって「戻る」ではありません。
年齢を変えずに行きたい時代について問いかけています。

人は得てして良かった時代を語る時、「自分の良かった時代」を語ります。
しかしそれは年齢や自分の周りの環境であり、時代が良かったとは限らない。
もし年齢が同じでも、自分の良かった時代に行きたいですか?

個人的な意見とすれば、私に行きたい時代はありません。
もし選べるなら、間違いなく「今」を選びます。
今の若者に聞いても、スマホも無かった時代に行きたいとは言わないでしょう。

それでも「あの時代は良かった」と言う人はいると思います。
しかしそれは全員が同じことを思うでしょうか?
あくまで比率に過ぎず、その人がどのように感じるかの差に過ぎない。

今の政治がいいとは思っていません。
しかし逆に問いかければ、政治の良かった時代なんて私は知りません。
それぞれの時代に良さと悪さがあるだけです。
なにより政治が悪ければ、選挙により選択することが出来ます。
それだけでマシというものです。

結局、良き時代なんて人それぞれのものです。
過去を振り返っても、何一ついいことなんてありません。
今をどうするかだけ考えたいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。