MMT理論の問題点は心理・精神面では?

最近話題の現代貨幣理論(MMT)だが、どうも全て信じる気になれない。
間違ってるとは思わないが、心理面や精神面に問題がある可能性を考慮している。
ここからはこの点について考えていく。

初めに

初めに書いておくが、私は経済の素人です。
正直、MMT理論についても完璧には分かっていません。
せいぜい「日本はいくら借金しても、債務不履行の可能性は0%」というぐらいです。
そのためここから書くことは、あくまで個人的な感想に過ぎない点に注意願います。

MMT理論は打ち出の小槌?

金融のことを少しでも知っていれば、お金は「札の枚数」でないことは理解できます。
極端に言えば、数字が動いているに過ぎません。

そのため100兆円の借金をしても、100兆円の保証を与えればいいだけです。
もしくはお金を刷ればいいだけなので、10万円札を発行することも可能です。
この理論でいきますと、100兆円が1000兆円になっても何も変わりません。

そのため「債務不履行0%」には説得力があります。

また他国が敵対的な行動として100兆円の売りをしても、借金して100兆円の買いをすれば、円の価値は安定するのも間違いではない。
そう考えると本当に大丈夫と考えてもおかしくない。

また弱者を含む国民にお金が渡れば、間違いなく内需が拡大します。
その結果として経済が活性化し、働く場所も確保され、さらに収入が確保される。

経済が活性化すれば税収も自然に増え、結果として国も安定していく。

しかしそんなに簡単な問題だろうか?

本当にそうだろうか?

先程は説得力があると書きましたが、本心では大切な要素が抜けていると考えている。
それは「日本の価値」という観点です。

MMT理論の提唱者は日本が成功例であり、また実績のように話しています。
しかしこれは、日本が現在の借金額より価値があると判断されているだけでは?

国に借金が合っても個人や企業の価値を合わせると、その借金より価値がある見られているために、安定しているだけと判断している。

そのためいくら借金してもOKという考え方は、かなり危険である。
極端にいえば、現在の10倍(1京円)の借金があっても大丈夫ですか?

本当の問題点

MMT理論について学者の批判を見ると、難しい経済用語が並んでいる。
難しい計算式などもあるだろうか?

私にその難しい経済用語や計算は分からない。
しかし私が考えている問題点は、人間が持つ心理面や精神面だと捉えている。

一番怖いのは、「働かなくてもお金は手に入る」という価値観が生まれることです。
誰が言ったかは知りませんが、「働いたら負け」の世界になってしまう。
当然ですよね。国が借金して助けてくれるのだから、こう考える人が増えてもおかしくない。

こんなことをしていたら、一番大切な「日本の価値」が無くなってしまう。
そうなればいくら自国通貨でも、誰も価値を見なくなるだろう。

もう一つの心理的な問題点は、「このままで本当に大丈夫か?」と考えてしまった時。
ジャブジャブお金を散財し、その結果としてターニングポイントから急降下する。
以前にも経験した「バブル」を再現するだけでは?

この時に国内のお金が溶けるだけならまだいい。
もし他国に握られていて借金を返せなくなれば、日本人に首輪が掛かるかもしれない。
お金を返せなくなるということは、こういう側面もあるのだから。

まとめ

個人的な結論として、MMT理論は万能薬でも打ち出の小槌でも無い。
一時的に状況を改善するために使う劇薬であり、手術だと捉えている。

そのため期間限定ならともかく、永遠に続くなどというのは幻想にすぎない。

もし弱者救済のためだけにこの理論を際限なく使えば、間違いなく破綻する。
必要なのは、救済の結果に何かがあること。

もちろん実質的な価値を生み出すのがよいが、それだけが全てでは無い。
体が不自由でも、感謝の気持ちで相手を気持ちよくさせることが出来れば価値がある。

「生産性」を悪く言う風潮があるが、何も物を作ることだけが生産性ではない。
誰かに何かを与える社会になることを望んでいる。

世の中は「MMT理論は素晴らしい」的な風潮が広がっている。
しかしこの理論が成り立っているのは、過去の信頼や信用のおかげだと考えている。
もし日本人が努力を怠りこの信頼や信用を失えば、一瞬で破綻する可能性が高い。
この「お金だけでは解決しない」という当たり前を、忘れないことを願っている。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。