高速道路の最高速度をアップする問題を考える

最近、高速道路の最高速度規制を120キロに一部変更されたりしている。
しかし多くが100キロや80キロ、大阪の阪神高速などは大半が60キロだ。
今回はこの件について考えていく。

最高速度をアップするのは危険なのか?

最初に書いておくが、速度を上げれば危険かと問われれば「危険」と答えます。
100キロより120キロの方が危険であり、80キロより100キロの方が危険である。
これは間違いの無い事実だと考えている。しかしこれが現実的かということです。

 

決められたことは守らないといけないし、違反はしてはいけない。
しかし現実的に最高速度を80キロの高速道路で、80キロで走っている車はわずかである。
私のイメージでは走行車線は90~100キロ、追い越し車線は120キロを超えるスピードが一般的ではないだろうか?
このイメージは最高速度が60キロでも100キロでも変わらない。パトカーですら60キロの道を60キロでは走っていない。

 

この時にいつも問題にされる、120キロに上げれば走行車線を120キロで走らなくてはいけないという論調があります。
ハッキリいいます、そうはなりません。もしなるとしたら、既に120キロで走っています。

また120キロではカーブを曲がれないという意見もあります。
街中の阪神高速などはこの理屈により、大半が60キロなのだと考えます。
ただこれも論外な意見です。あくまで最高速度の話であり、カーブはスピードを落とせばいいのです。

「なぜか最高速度の話をすると、その速度で走らなければいけない」という発想が出てくるのか、個人的には不思議でならない。

 

最高速度を変えないのは実際の安全性より、実行した人が非難にさらされるのを恐れていると考えている。
最高速度を変えた後に事故が発生すれば、これみよがしにマスコミは記事にするだろう。世論も非難するだろうか?
しかも非難するのは、車を運転しない人の方が多いように感じてしまう。

 

現代において80キロや100キロ規制は時代に合っていない。
もちろん事故は起こらない方がいいが、それは速度の問題では無いと考えている。
もし速度の問題だというなら、最高速度をすべて60キロに落とせばいい。
スピード違反が増えるだけで、いかに事故が減らないか実感できるだろう。

 

個人的な見解だが、片側2車線以上の高速道路は無条件で120キロに変更すべきです。
おそらく道の流れに大きな変化は無く、むしろスピードメーターを必要以上に気にしなくて言い分、落ち着いて運転できるかもしれない。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました