株や投資で失敗するのは機会損失の誘惑と経験の罠が原因?

株や投資で多くの人が失敗し退場する。
これは機会損失を考えすぎたり、また成功体験などが原因では?
今回はこの件について考えていく。

なぜ投資で多くの人が失敗する?

株や投資で多くの人が失敗するが、投資をしない人にはむしろ不思議ではないだろうか?
「株なんて高くなれば売ればいいし、安くなったら高くなるまで待てばいい」
このように考える人は多く、またこれは間違いのない事実である。

しかしそれでも多くの人が失敗する。なぜだろうか?

 

この話をする前にタイトルで書いている「機会損失」の意味を説明する。
「意思決定にあたって2つ以上の案があった場合, そのうちの1つを採用し, 他を不採用にした場合に, 得ることができなかった収益または利益の最大のもの」(Weblio辞書より)

これだけではよく分からないですよね。
簡単に言えば「売るのを待っていいればもっと儲かった」とか「この時に買っていれば儲かってた」と、機会があったのに儲けることが出来なかったことです。
実際の損はしていないが、「得していない=損した」という発想です。

 

もちろん機会損失を考えることも経験を得ることも、それ自体が悪い訳ではない。
ただ機会損失が誘惑を招き、過去の成功体験という経験が罠となって大きな失敗をする。

 

よく株式投資には心理面が大切という話を聞くと思う。
そして人は得した時より、損した時の方が心に残ってしまう傾向にある。

その結果、得をすると下がらない内に早く売る傾向にあり、逆に損をするとそれを認めたくないためなかなか損切りが出来ない。

 

ここから細かい数字は参考だが、個人的に感じた経験を書いていく。

株というのは上がるか下がるかなので、瞬間的には利益が出ることが多い。
例えば10万円のプラスが出たとする。順調に上がっている間は売る気がしない。

問題は少し下がって8万円のプラスに下ることも多い。
この時にまだ8万円プラスでは無く、2万円損したという気持ちが起こる。

ここで悩んでしまう。8万円で確定すべきか、それとも待つべきかという選択だ。
初めのうちは怖くなって売りがちになる。しかしその後に上がることも多く、失敗したと考えてしまう。これが「機会損失」である。

 

次に10万円のマイナスが出たとする。損切りすべきか買い増しすべきか悩んでしまう。
結果として悩んでいる内に反転上昇し、なぜ安いとして買わなかったと考えてしまう。
これも「機会損失」となる。

 

しかしここまでの機会損失は問題では無い。
本当の問題は「自分の選んだ銘柄は最終的に上昇する」という経験を得たことである。

 

私の感覚として、失敗した多くの人も勝率では5割を越えていると考えている。
ただ勝率が5割を越えても、損失を出している人が多いのが事実だ。

 

「多くの人が少しのプラスを繰り返し、莫大なマイナスで退場する」

 

機会損失にはタイミングもあるのだが、購入する金額も関係する。
10万円だと1万円しか儲けないが、20万円だと2万円儲けれたと考えてしまうことだ。

 

ここで大失敗する時の心理を書く。
「自分の選んだ銘柄は最終的にはプラスになる」
「そのため下がってもどんどん購入すると、最終的に莫大な利益になる」
「金額は大きいほど、最終的な利益も大きくなる」

 

個別銘柄を選ぶと、価格が半分になることは多い。さらに戻らないことも多い。
人は銘柄に惚れ込んでしまうと、それでもナンピンを繰り返す。
マイナスになっても、いつか上がると考えてナンピンを繰り返す。
しかしいつまでたっても上がらないので、だんだん生活に影響するぐらい焦ってくる。
そして不安に負けてしまい、大きな損失を認めて売ってしまう……

 

不思議なもので、大きな損失も確定してしまうとホッとする。
損をしたことを悔やむのはもちろんだが、もう悩まなくていいとなぜかホッとする。
そして「やっぱり自分には向かない」として退場する。

 

「株式投資では機会損失を考えてはいけない。プラスなら良しとする」
「株価に対して自分の経験を信じすぎない。株価なんてプロでも当たらない」

こう考えないと、個人の投資家なんて続けることすら困難だ。

 

結局、株の個別銘柄は心理的は負担が大きいので、現在ではしていない。
今はインデックスファンド専門だが、この話題は別の機会とする。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました