インデックスファンドをする場合「SBI証券」と「楽天証券」の比較は時間の無駄です

投資信託のインデックスファンドをする場合、まず必要なのは証券会社選び。
ただいろいろな情報があふれていて迷っていないですか?
今回は比較するだけ時間の無駄ということを考えていきます。

証券会社はどこがいいのか?

最初に書いて置きますが、投資信託以外にも個別株などを考えている場合、このページはほとんど役に立ちません。
せっかく来ていただいたのですが、ページ離脱が好ましいかもしれません。

 

初心者の方で証券会社を調べた場合、「SBI証券」と「楽天証券」の名前が出てきたと思います。

「他にも無数にあるため、混乱していないでしょうか?」

 

長く続く証券会社にはそれぞれに良さがあります。本当なら自分に合う所を細かく調べて選ぶべきだと思います。
しかし投資信託(インデックスファンド含む)に限定した場合、悩む必要はありません。

「無条件にSBI証券と楽天証券のどちらかを選んで下さい」

 

この2社も細かく言えば違いはありますが、はっきり言って微差に過ぎません。
またこの先を考えれば、これも微差で逆転するかもしれないレベルです。

「比較し迷うだけ時間の無駄です」

 

銀行との関連は?

正直、好きな方を選ぶのがいいですが、あえて選択肢を上げれば銀行でしょうか?
もし「住信SBIネット銀行」の口座を持っていれば「SBI証券」、「楽天銀行」の口座を持っていれば「楽天証券」を選ぶのが簡単でしょう。

 

もちろん銀行に関しては逆の考え方もあります。
それは銀行口座を新規に開設して、投資専門の銀行口座を持つという発想です。
どちらかの銀行口座を持っていれば、あえて逆の証券会社と契約するのもありでしょう。

 

2社の銀行口座を持っていなければ、証券会社に合わせた銀行口座の開設もおすすめです。

 

扱うポイントは違います

少しでも効率を求める人でしたら、ポイントを基準にすることもできます。
SBI証券は「Tポイント」、楽天証券は「楽天ポイント」が溜まったり有効活用できます。
ただ金額の大きい投資のため、これがどれほど決め手になるか疑問はありますが……

 

まとめ

かなり雑にまとめていますが、それほど数値的な差は無いということです。
使い勝手にしても好みがあるため、どちらが上とかは無いでしょう。

ただ比較を書いてながら正直な所、私は楽天証券を知りません。
私は「SBI証券」と「住信SBIネット銀行」を使い満足しているため、追加で契約する必要がなかったからです。
ただ最初はもちろんその後も調べていますが、ますますどっちでも良かったと思っています。

「投資信託で悩むのは銘柄だけ、証券会社はサクッと選びましょう」

 

→SBI証券ホームページへ
→楽天証券ホームページへ

→住信SBIネット銀行ホームページへ
→楽天銀行ホームページへ

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました