鉄フライパンにマヨネーズを使うとくっつきにくくなります

鉄フライパンを使いたいが、ひっついて困ってる人は多いと思います。
私もその1人でしたが、マヨネーズを使うことでくっつきにくくなることが分かりました。
今回はその方法を書いていきます。

鉄フライパンをくっつかなくする方法

鉄フライパンをくっつかなくする方法はいろいろあります。しかし何をしても上手くいかないものは上手くいかない。

油を多めに使っても、油の膜が薄くなった所からくっついていく。
少し温度を上げただけで、いきなりくっついてしまう。
特に焼きそばを作ると、フライパンに白い跡が大量に着いてしまう……

 

けどこれが簡単な方法で全て解消することが出来ました。タイトルにも書いてますが「マヨネーズ」を油に混ぜる方法です。

方法は簡単です。いつものようにフライパンを温めて油をひく。そこにマヨネーズを投入し、全体的に油になじませるだけ。
マヨネーズの成分は主に卵と油なので、熱を加えれば簡単に溶けていきます。

 

意味不明と感じるかもしれませんが、とりあえずやってみて下さい。その効果に驚くと思います。ただ量が少なすぎるとダメなので、その点はいろいろトライしてみて下さい。

 

私は専門家ではありませんので明確な理由は分からないが、油と卵を先に入れることでチャーハンがくっつかないという経験をした人は多いと思います。
それは油と卵が反応することでくっつきにくくなる成分が出るためです。そしてマヨネーズも卵が主成分に入っています。この原理でつっくかないと考えている。

 

カロリーが高くなるのが難点だが、フライパンにくっつかないことを優先したい人にはおすすめの方法です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました